2015年12月22日

「寂しさ」は大人の遊びと空想と創作



人間関係とは「母と子の二人の関係」からはじまるものです。
寂しさの問題もまたこの原初の人間関係にかかわる。
寂しさは:
「おとなの寂しさ」
「耐え難い寂しさ」
の二つに区分されます。

大人の寂しさとは,
大人の私たちになじみ深い感情で,「一人でいること」
「期待した人間関係が絶たれていること」「充実感や高揚感がなく,虚しく感じられる」に関連し,「怒り」や「悩み」の感情がある場合もありますが,必ずしもそうであるとは限らず,にぎやかな夏が過ぎて,秋になってなんとなく寂しいという寂しさもあります。これらはある程度以上に精神生活が成長してから見られる感情です。

耐え難い寂しさとは,
原初的な感情で,もともと赤ん坊のものです。乳児が母の乳房を求めて得られない時の,憤怒,絶望,空虚などの入り混じった感情で,これらを大人が感じたとすれば,辛くて怖くて耐えられません。

大人は「寂しい」ときに何をするか
親しい人のところへ行こうとしたり
親密な人との充実した関係を胸に想い描きます。
手紙を書いたりします。
読書という対話をします。
精神的に充実した人は,孤独なときも「他者と共にある」のです。容易に他者を想起できるのです。

あるいは,自分にとっての最も親密な人である自分自身と楽しい,充実した会話をします。今,目の前にある風景について話し合ったり,絵に書いたりします。切迫した危険な状況にあれなら,それを切り抜ける作戦会議に没頭します。

これらは,自己との対話であり,二人との会話とも違うので,1.5人の対話と呼んでいます。
その結論は,自己自身による現実の自己受容です。それは自己評価をあげます。
 こうした自己対話は空想であり,夢であり,遊びです。その中から詩や小説や絵画や音楽や,その他たくさんの創作が生み出されます。
 つまり,「寂しさ」は大人の遊びと空想と創作の宝庫なのです。


<引用文献>
斎藤学(2004)「自分のために生きていける」ということ 大和書房


2015年12月11日

2015年〜2016年 末年始お休みのご案内

年内は、12月28日月曜日までカウンセリング、コンサルテーションのご予約を承ります。

2016年は1月5日火曜日からのご予約となります。どうぞよろしくお願い致します。

posted by ikuaka at 10:11| ★セラピスト日記

2015年12月09日

アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙 第1の物語り:あなたが生き延びるために 

IMG_2904.jpg

第1部:過去からの帰還 
-------
第1の物語り:あなたが生き延びるために

1−1:おもいっきりがんばって、倒れる、落ち込む

自分が誰であるかわからない?
そんなはずはない!私はずっと自分に正直に生きてきた。

そうだろうか?

どうして、生きづらさに悩むアダルト・チルドレンらは、おもいっきりがんばって、倒れる、落ち込む!を繰り返すのだろうか?

機能不全家族の中で、そのままそこにいても良いという安全、安心感、ほっとするような、うとうとするような
気分を育ててくることをスキップしてきたのかもしれない。

いい子でいなくてはいけない。
誰かの面倒を見なくてはいけない。

笑わせていなくてはいけない。
我慢していなくてはいけない。

大丈夫だと自分に言い聞かせていなくてはいけない。

勉強ができてなければいけない。
何か良い所がなくてはいけない。

機能不全な環境下で、生き延びるために、さまざまな思考を使ってきた。それは、ゆっくりと真綿で自分自身を締め付けて来たかもしれない
感情をコントロールしようとし続け、身体をコントロールしようとし続け、人間関係をコントロールしようとし続け、世界との係わりをコントロールしようとし続け、

それは、「自分」をコントロールしようとし続けるかもしれない。

自分にとって、そのままの「自分」が、安心できる存在として体験していないとすると、
心や気分や感情や身体感覚、症状などを無視して、しまうかもしれない。

仕事をがんばりすぎてしまう。家事を頑張りすぎてします。人間関係にがんばりすぎて、いつも良い人にならなくてはいけないという思いにとらわれるかもしれない。世界の出来事に、過敏に反応して、自分を忘れ倒れるまで、他者の援助をしたり、してしまうかもしれない。

感情や身体が悲鳴をあげる。人間関係、特に親密な関係でトラブルが繰り返されることで、気がつくかもしれない。

生き延びるために、
「自分」ではない人になり続けようとしてしまう。しかしながら、それに気がつくにはとてつもない「力」を必要とする。

文字通り、トラブルで直面するか、
病気と診断され、気がつくか、
精神疾患というカテゴリーで気がつくか、
悩みとして気がつくか、、。


私たちは、アダルト・チルドレンというコンセプトを使い、自分を探求できる、。幸運であると言える。言いたい!


 「いま、ここ」で起こるプロセスに耳をすませることは、私を私に連れて行くと体験してきました。
症状、悩みから出発しますが、知らずしらずのうちに全体性へ向かう流れにのっていくものと体験してきました。


私自身を知り続ける、ただ自分自身でありたいと探求する姿勢は、私をこころからリラックスさせると体験してきました

週末はアダルト・チルドレンという先人らが尽力されてきた概念を用いながら、
参加者とともに各々の身体・こころから発せられるシグナルに意識を向け大切に取り組んで行きたいと考えております。これまで体験してきた様々な苦闘、課題、ワーク、トレーニングに出会えたことに感謝を込めて!

↓あと2〜3名お席が空いているようです。自分探求、グループワークをご体験されたい方はぜひご参加ください。
アダルト・チルドレングループワーク1DAYS  麻布十番IFF 2015年12月12日土曜日
 ⇒ http://www.reservestock.jp/events/92455/

ワークとは?:身体こころから発せられるシグナル(出てから消えるまで)に意識を向け係わっていくプロセス(1992 アーノルド・ミンデル)




*茅ヶ崎でゆっくり自分を見つめる時間となります。

茅ヶ崎1DAYミニワークショップ 2015年12月23日水曜日(祝日)10時〜16時 
 ⇒ http://www.reservestock.jp/events/96752/


**カウンセラーさんで、開業、セラピー構造などを学びたい方、または、カウンセラーを目指している方など
カウンセラーのためのマーケティング 1DAYワークショプ Ver.1.0 2016年1月23日土曜日10時〜17時
 ⇒ http://www.reservestock.jp/events/97137/


お問い合わせフォーム
⇒ http://www.reservestock.jp/inquiry/7410/



アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙の購読申し込みはこちら


明石郁生 
カウンセラー/臨床心理士
AA-J /家族とAC研究室
http://www.ikuoakashi.jp/



posted by ikuaka at 11:23| ★セラピスト日記

2015年12月03日

アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙 

IMG_2496.jpg

私はセラピストという仕事を通じて、クライアントさんが自分自身を探求し自覚を進める過程で、
「“アダルト・チルドレン”という言葉にであい、こわばっていた肩や頭の力がぬけたようだ」
「なんだか楽になり、生きやすくなった」
「自分を責めなくてもよくなった、自分のことが好きになれた。」
という言葉をよく聞かせていただきます。

 “自分の専門家になる”とは、悩みや生きづらさなどに愛と敬意を持ってそのプロセスを探求していくことで、
これまでの物語を変容させていくセラピー的なアプロー チです。

私自身、サラリーマンを経て、大病をきっかけに独立してから、ほんとうに偶然に“アダルト・チルドレン”という概念を知りました。
それ以降、自分を知ることを続けてきたプロセスが、セラピストという職業に生涯たずさわっていこうと覚悟をきめたといえます。

自分をもっと知りたかったというのが本音です。

 本書では、おひとりでできるエクササイズをいくつかご紹介していきますので、少しご体験いただけると嬉しいです。

これまで一所懸命がんばっていきた、、、
でもなんだかいつも、どこか生きづらいと感じている
仕事や生活が楽しめない、

変わりたいけど一歩、踏み出せない
自分が何に向いているかわからない、
悲しみや怒りから抜け出せない、孤独を感じている

批判されたり、愛されていないように感じる、突っ走るように生きているけれど、
本当は何をしたいのかわからない、居場所がわからない
でも、それを知りたいと感じている

自分自身を知るまで死ねない、と思っている自分探求者に書いていきます。

良い人であらねばいけない、幸せでなければいけない、ポジティブでなければいけないという
社会的に構成された都合のよい要請が、テレビや新聞や雑誌やインターネット上を毎日駆け巡っています。

しかしながら、
他者の期待に応えるためにあなたは生まれたのではありません。
世界を変えることがあなたの仕事ではありません。

 自分自身を見つける旅は時に、荒野をよこぎるかもしれません。
その旅は、冒険と帰還をくりかえしながら知らずしらずのうちにあなたの全体性へ向かう旅になるでしょう。

本書を通じて、あなたを苦難の受難者から「自分の専門家」という全く別の視点に変容する体験を共に実践し
、成長する旅を楽しんでいただけたら嬉しく思います。

自分とはどのような人なのか?ごいっしょに探ってみましょう。

アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙の購読申し込みはこちら

お読みいただいて、ご意見、励ましなどいただけると嬉しいです。

posted by ikuaka at 10:52| ★セラピスト日記

2015年12月02日

茅ヶ崎1DAYミニワークショップ2015年12月23日水曜日(祝日)10時〜16時30分





第一部:10時〜13時    ジェノグラム体験ミニワークショップ
第二部:14時〜16時30分 オープンカウンセリング/家族教室



延期となりました。2015.12.16

2015年もあとわずかとなりました。茅ヶ崎で休日にゆっくりとした時間をすごし、ジェノグラム(心理学的家系図)を作成し、自分をみつめてみませんか? 
また、午後の、オープンカウンセリング/家族のこころ教室は、
カウンセリングをオープンに公開しグループで体験していただく臨床実践です。家族のこと、自分自身のこと、内容は問いません。どなたでも参加できます。
さまざまなご家族のこころの課題解決の糸口をさぐる場となります。
*参加者には守秘義務をお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第一部:10時〜13時 ジェノグラム体験ミニワークショップ
ジェノグラムをつかって「家族のこころ」について体験して見ませんか? それは“新しい自分の発見”を通して癒しの時間となるでしょう。




家族療法の技法のひとつジェノグラム(心理学家系図)の作成を通してあなたのうえの世代と同じような関係が、自分の世代にあるかどうか体験してみましょう。書いているうちに何を感じるかが大切です。「ああ、そうだったのか」とつくづく思い出すことがあるはずです。それは、きっと “新しい自分の発見”を通して癒しの時間となるでしょう。

家族療法とは、個人の様々な問題を「複数の人々が織りなす人間関係」として働きかける心理療法の1つです。
例えば、うつ、依存症、ひきこもりなどを「個人の心の問題」とは考えず、この家族を成り立たせるために症状行動が起きている(恒常性の維持)と見るところからはじめます。それはもしかすると、ご家族の成長のメタファーであるかも知れません。
また、さまざまな生きづらさや対人関係、ご夫婦関係の問題は成長の機会かも知れません。
    
ーーーー

第二部:14時〜16時30分 オープンカウンセリング/家族教室

カウンセリングをオープンに公開しグループで体験していただく試みです。ご家族に引きこもりさん,不登校さん、うつ、アルコールなど依存症の方がいる、ご夫婦関係を改善したいなど、家族のこと、自分自身のこと、内容は問いません。どなたでも参加できます。
さまざまなご家族のこころの課題解決の糸口をさぐる場となります。

対象 :ご家族、ご本人どなたでも参加できます。 
・ご相談者(3名)まで
・聴講のみ(参加されてお話を聞かれるのみ)
お話をお聞くだけの参加の場合でも、ご自身の問題解決の参考となるでしょう。

ーーー
内容:  9:30 開場
    10:00 シェアリング
          ジェノグラム・ケーススタディ紹介
    11:00 ご自身のジェノグラム作成 シェアリング
    13:00 休憩
     
    14:00 オープンカウンセリング 
    16:30 終了      
 
場所:茅ヶ崎勤労市民会館 会議室
定員:8名

*最小開催人数4名とさせていただきます。定員に達しない際は延期させていただきます。予めご了承を」いただけますと助かります。

カウンセラー:家族とAC研究室 明石郁生 臨床心理士

参加費1DAY:10,800円(オープンカウンセリング相談者 3名まで)
   1DAY: 7,560円(オープンカウンセリング聴講のみ)

家族とAC 研究室 

電話1(プッシュホン) 0467-82-8277 

アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙の購読申し込みはこちら


カウンセラー/臨床心理士 明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙http://www.reservestock.jp/subscribe/30803