2016年01月17日

“ひきこもり”についてのアプローチを教えてください。

ご相談のケース2:

“ひきこもり”についてのアプローチを教えてください。

カウンセラー回答:

ご相談に来られる方が,ご本人であるか,お母さま,お父さまなどご家族であるかでアプローチは少し異なります。

■ アセスメント:

先ず,急ぎのアセスメント(査定)をします。ご本人,ご家族にすぐに医学的治療の必要があるかないか,また,自傷行為や他者を傷つける可能性はないか,暴力はあるのかないのかなど心理的な介入の前にしなければいけないことを相談者と共に話し合います。

必要があれば、他の専門家の協力や必要性や,提携クリニックの確保,入院先の確保なども行います。

■ 相談者の安全と安心の確保:

相談者が安全で安心できる環境を整備することに焦点をあてます。


■ 家族療法の視点

介入の対象を“ひきこもり” 本人「個人の症状行動」→「家族のコミニケーション」にします。

“ひきこもり”とそれにまつわる言葉や行動とは本人にとって,どのような意味,利益があるのでしょうか?
社会,学校,家庭からネグレクトされないために,“ひきこもり”とは合理的なようです。
メタファーとして症状行動を読み解くよう相談者と話しあいます。
相談者がお母さまの場合,ご夫婦関係,元家族との関係,今のお気持ち,これからのことなどについてカウンセリングをすすめて行きます。

■ 解決の青写真を話し合う

望ましい着地点の合意を話し合います。そして,望ましい着地点の合意が得られたら,それによって生じるはずの家族の交流パターンを予行していきます。

例)TH:「解決したとしたらどのようになさいますか?」
  CL:「夫婦で旅行に行きます。」
  TH:「それでは,すぐに旅行の計画をたてましょう」

  行動が先で思考は後にします。

■ “ひきこもり”にともなう「症状行動」への対応

社会資源をできるだけ使います。
例)万引き→警察の介入 暴力→ご家族の逃げ場を確保して行きます。身体疾患→病院,クリニック 
アルコール→自助グループ参加 その他行政機関

■ 本人以外の家族,相談者の関係修正を行います。

相談者のカウンセリング,ご夫婦のカウンセリング,ご家族のカウンセリング

■ 本人への助言

1, 疾患にはそれなりの効用がある
2, 訴えている問題は,本当の問題を隠すためにある
3, 多くは人間関係であるかもしれない
4, “自信”が問題を解決する “自信”に根拠はいらない。
5, 衝動は統制ばかりではなく,翔ぶことができる

<引用文献>斎藤学 2010 PIASトレーニング


ケースバイケースですね。

2016年01月13日

ゲシュタルト療法の大家 百武正嗣氏と明石郁生のコラボワークショップ@長野  *締め切りをまたず残りのお席が、若干名だそうです。 参加ご希望の方は私の方にお問い合わせのところからメールをいただけると助かります。

korabo.jpg

ゲシュタルト療法の大家百武正嗣氏とコラボでワークショップをさせていただく機会に恵まれました。

開業カウンセラー、臨床心理士の視点では、
    近年、クライアント の来室動機は個別性が高く、臨床家・カウンセラーは人間理解における理論的基盤や治療介入についての柔軟性を求められている。また、「回復」の枠組みを越えた、セラピー的変化が求められていると感じている。

私が、個人セッションを実践しながら、吉福伸逸さんのトランスパーソナル体験的セラピー、A・ミンデルのプロセスワーク、ゲシュタルト・セラピーなどのトレーニングに邁進してきたのはそのような動機があったからだと思う。

「・・・S.フロイトから由来する精神療法へのカウンターとして、F、パールズは人間という有機体全体を断片化せず、ひとつとして捉えようとゲシュタルト療法を創始発展させた。
 興味深いことに、面接室での心理療法に「積極的な」問題解決アプローチに移行することを唱えた最初のセラピストはフロイトであり、彼自身、様々なクライアントのセラピーに柔軟に適応しなければならないと述べている。」

ゲシュタルト療法の大家百武氏のワークと臨床心理士の力動的なアプローチセッションを体験していただきます。感謝をこめて。


百武 正嗣
日本ゲシュタルト療法学会理事長 ゲシュタルトネットワークジャパン理事長 日本フェルデンクライス協会理事 カリフォルニア州立大学大学院心理学部卒 ゲシュタルト、フェルデンクライス・メソッド、ヨーガ、心理学を取り入れた「気づきのセミナー」を全国各地で開催。
著書 『ライオンのひなたぼっこ』ビーイングサポート・マナ 『エンプティ・チェアテクニック入門』 川島書店『気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法 』『家族連鎖のセラピー〜ゲシュタルト療法からの視点〜 』


明石郁生
CSPPカリフォルニア臨床心理大学院日本校 修士課程修了  臨床心理士 家族とAC 研究室 代表  
所属学会:日本家族と子どもセラピスト学会 日本嗜癖行動学会 日本心理臨床学会 日本トランスパーソナル学会 日本ゲシュタルト療法学会
 開業カウンセラーとして、精神力動的療法、家族療法、ナラティブ・セラピー、認知行動療法、ゲシュタルト療法、プロセス指向心理学、トランスパーソナル心理学等の理論基盤を統合的に用いる臨床を実践、研究


と き:2016年1月30日(土)31日(日) 10:00 〜 17:00
ところ:長野市勤労女性会館「しなのき」音楽室
参加費:20,000円(1日のみの参加は10,000円)
定員:20名(〆切1月20日 定員になり次第〆切)

*締め切りをまたず残りのお席が、若干名だそうです。
参加ご希望の方は私の方にお問い合わせのところからメールをいただけると助かります。2016.1.13

【お申込み・お問い合わせ】 長野ゲシュタルト研究会 (事務局 三井) youko.dream@gmail.com
公式ブログ  URL:http://naganogestalt.naganoblog.jp/








posted by ikuaka at 13:09| ★セラピストふんとう日記!
カウンセラー/臨床心理士 明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙http://www.reservestock.jp/subscribe/30803