2016年05月31日

質問:自分がアダルト・チルドレンかどうかわかりません。

回答:生きづらい、人間関係がうまくいかない、自分も問題を抱えていて生きるのが苦しい、自分の子どもや家族が問題を起こしている、育った家族の中で傷つけられた、自分が子どもを虐待してしまう・・・どうしたらよいのか? これらのご自身におこっていることはすべて大切なことです。それらの回復に取り組むこと、癒すことが重要ですね、自分がアダルトチルドレンであるかどうかとは、あまり重要ではありません。

アダルトチルドレンとは、差別用語や病名ではありません。臨床上におけるひとつのコンセプト(概念)とお考えください。それは、さまざまな生きづらさ、アディクション(依存症)、共依存(コ・ディペンデンシー)という考え方をもとに理論より実践の場から広がり始めました。これらはアメリカの精神療法家に画期的な影響を及ぼし、いろいろな経緯や時間をたどって、日本の臨床現場に導入されるようになってきました。いままであまり回復しなかった精神疾患や心の問題、家族の問題を持った人たちが、急速に回復しはじめたのです。
 アメリカではあちこちの町でAA(アルコホリック・アノニマス)をはじめとする、各種のセルフヘルプグループ(自助グループ)がつくられ何百万人のアメリカ人が毎週ミーティングに出席し、自分の心理的な問題に真剣に取り組んでいます。最近では日本においても各地でミーティングが開かれており、自身やご家族の回復に大きく影響を与えています。

日本ではサイコセラピー(心理療法)によってこころの問題に直面したり、サイコセラピスト、カウンセラーに相談する習慣があまりありませんでしたが、一人で悩んで生きづらさを抱えていた人たちがこうした方法を使って自分の問題を解決するようになってきました。
 とくに、自分の育った家族のなかで心の傷(トラウマ)を受けた人についての、アダルトチルドレンというコンセプトとその癒しは、多くの人の回復に役立っています。

いろいろな心理的な問題を抱えて、生きづらく感じていた人たちが、自分がアダルトチルドレンであることを自覚するようになってきましたが、
日本においては現実的にはまだ、どのようにしてその問題を解決していったらよいか、自分を癒すにはどんな方法が有効なのかについて、精神科医、心療内科医などの専門家、教師、カウンセラーなど教育者などでも具体的に取り組まれていない現状があります。
 
私は、自身の回復のプロセスと向き合いながらまた、相談者から教えてもらいながら、第一線の治療者のトレーニングを受け、アダルト・チルドレンの癒しと回復に生涯をかけて取り組んでいます。

 <引用文献>
西尾和美(1998)アダルト・チルドレン 癒しのワークブック―本当の自分を取りもどす16の方法 学陽書房 
西尾和美(1997)アダル・トチルドレンと癒し 学陽書房

posted by ikuaka at 14:46| Comment(0) | ○ご相談のケーススタディ

2016年05月27日

臨床で使えるナラティブセラピー 6月5日(日)10時〜15時30分 茅ヶ崎勤労市民会館 主催:健康生活リハビリ研究会

IMG_3281.jpg

健康生活リハビリ研究会さんの勉強会をさせていただくことになりました。
援助職の方、ナラティブ・アプローチにご興味の在る方などにご参加いただけると幸いです。

健康生活リハビリ研究会さんのサイトより〜
「健康生活リハビリ研究会設立の主旨
◇主に作業療法士を対象とした研究会として、2014年の4月に設立。「患者(利用者)を健康な方向へと導く生活を提案することを目的(生活のマネジメント等)」にしたアプローチを考えていきます。基礎編として「健康生活リハビリシリーズ」を提案していきます。そして、できれば、OT、PT、ST、ドクター、看護師・介護士などの患者(利用者)に対する共通認識ができることも目的にしています。

患者が話す物語を重視するアプローチ「ナラティブセラピー」。そもそも当事者の語りを重視するとはどういうことなのか?それを臨床の場に治療(私の認識では多くのOTはナラティブを評価としか使っていないように感じます)として用いるにはどうしたらいいか? 

様々な難しいクライアント(患者)を前にカウンセリングなどの場でナラティブセラピーなどを用いる臨床心理士の明石郁生先生に、ナラティブアプローチの核(エッセンス)と、その治療の一部をグループワークなどを通して講習していただきます。第一線で活躍される臨床心理士の先生がOT・PTに対し開催する勉強会はあまりないと思いますので是非ご参加下さい。」

■2016年6月5日(日)10時〜15時30分(受付開始9時30分〜)

■場所:神奈川県茅ヶ崎市新栄町13−32 TEL:0467−88−1331 茅ヶ崎市勤労市民会館(4階和室(移動しやすいように畳です)):東海道線茅ヶ崎駅北口下車・徒歩10分(国道1号線沿い・農協ビルの隣り)
地図http://www.chigasaki-kinro.jp

周辺の駐車場にはサイゼリア(200円/時)があります。

■参加費 8,000円(事前振込:すみませんが振込された参加費は原則・返金できません)
■対象 OT,PT、看護師、ケースワーカーなどコメディカル(病院(身障系・精神系)、老健、通所、訪問など)
■参加者数:20数名(人数が少ないので、早めに申し込んで下さい)

詳細、お申し込みはこちら、健康生活リハビリ研究会さんサイト

posted by ikuaka at 15:19| ★セラピスト日記

2016年05月03日

カウンセラーのためのマーケティング ver.3 〜お金とビジネスへの抵抗にワークする〜 自分の専門家になる 5月15日日曜日10時〜16時 横浜 について書きます!

IMG_3339.jpg

この回は、午前にマーケティング技術的な、クライアントの集客や売上計画のたてかたなどのレクチャーを少しして、午後には、家族療法的視点やトラパ、プロセス指向心理学の視点から、お金とビジネスへの抵抗へのワーク実践していきたいと準備しております。


午前のレクチャー部分は、私が独立して22年目の自営業者、そのうち臨床カウンセラーとしては7年の試行錯誤をシェアできると思います。
うまくいったことも、うまくいかなかったこともぎゅっと濃縮してお話できるとおもいますのでご自身流にアレンジしていただければ幸いです!

このテーマ(カウンセラーのためのマーケティング)に取り組んでから思うのですが、マーケティングとはひとつの技術論ですので、たとえば、数々のタイトルで出版されている内外の良書を読んだりすれば得られることは多いと思います。

しかしながら、私も当初はそうでしたが、

頭でわかっていても、実際にできない!という壁のようなものにぶち当たることがあります。
もしくは、壁にあたっていることにも気が付かないで、いつも逃げてしまったり、
同じところをぐるぐる回っているような感じになったり、

同じような失敗、(例えば、人間関係、部下との関係、お金のトラブル、バーンアウトなどなど)を繰り返してしまうことがあります。

 これらの部分は思考領域ではなく、体験する、感じる脳の領域ですので、体験的なワークが有効なのだろうと仮説を立てております。

 これは、アダルト・チルドレングループワークなどの臨床的な実践で、気がついた点です。


例えば、

お金をもらうこと、稼ぐことなどへの抵抗にひそむ「人物」を特定し会話してみる、彼の言い分を聞いてみる、。 

これは、トラパ、プロセス指向心理学の視点では、「エッジ」と言われている部分へのアプローチです。「エッジ」とは、もうこれ以上、その領域の知覚を感じることができない!という壁のようなもので、だいたいひとつのチャンネルにおいて起きます。例えば「思考」です。
それを、プロセスワークでは、身体感覚や動作などの他のチャンネルに視点を変えて知覚していくよう援助していきます。また、ゲシュタルト・セラピーの、エンプティチェアなどの技法を使いながら、彼または彼女と対話を試みます。

 抵抗にひそむ「人物」が原家族のメンバーであることがすくなくありません。
その際は、対話を進めながら、家族療法のアプローチを加える事もあります。経営者が、ジェノグラム(心理学的家系図)を書くことは、上の世代から学んできた、行動パターンや、メタファなどを読み取ることを可能にして、肩の荷がおりるようなワークと成ることがあります。

これらのワーク体験は、修正感情体験となり、その際、新たな思考・認知を統合することを可能にするようです。

ご興味の在る方はぜひご参加いただいて共にワークし、
自身の力を開く機会を見つけるヒントにしていただけると幸いです。

明石郁生 (^^)、


☆イベントのお申し込みはこちらからどうぞ!


カウンセラーのためのマーケティング 1DAYワークショプ Ver.3 2016年5月15日(日)10時〜16時
 ⇒ http://www.reservestock.jp/events/117707/


アダルト・チルドレングループワーク1DAY in  鎌倉 2016年5月29日日曜日
 ⇒ http://www.reservestock.jp/events/120690/


オープンカウンセリング/家族のこころ教室⇒ http://www.reservestock.jp/page/event_series/16879/


家族とAC研究室


posted by ikuaka at 16:24| ★セラピスト日記
カウンセラー/臨床心理士 明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙http://www.reservestock.jp/subscribe/30803