2018年11月06日

開業カウンセラーのマーケティング

開業カウンセラーとは、不思議な商売であるとつくづく感じる晩秋です。顧問税理士とのミーティングで、。

これまで、日程をやりくりして、カウンセリングをお受けして、時には新規の方をお待ちいただいたり、お断りしていたこともありましたが、この秋に、(十分にご自身の課題を探求された、。)方らがしっかりと終結をむかえられました。、とたんに、カウンセリング日程がひまになりました。
これはとても良いことなのです。(だからといって、すぐに新規の方がお見えになるとはかぎりませんね)

一方、経営者としての立場ですと、共にしっかりカウンセリングに向き合うと、お客さんはどんどんいなくなり、
つねに、新規の方を集客していないといけないというジレンマに陥ります。
なので、このところホームページのコンテンツやSEOを、うんうんうなってチューニングしています。
また、こういう時間を使って、来年の取り組み、研究会の構造のデザインをしたり、執筆中のエッセイをすすめたりしています。
売上が一定のラインに届かないと、うあ〜と不安になりますが、この商売の特性をこうやって知ることは、マーケティングとしてとても重要ですね。
夏頃から、家族とAC研究室2019年マーケティングとして対策をしていた一部をご紹介いたします。

・統合的グループワークをアレンジして、企業の研修、職場のメンタルヘルスの研修をお受けする準備をしています。
・EAPをその企業文化にアレンジして提案するとりくみを、経営者に提案しています。例)月/1日顧問カウンセラー
・分身の術:これまでの個人臨床を振り返ったエッセイを書いています。出版できればベストです。が、電子出版やブックレットなどにして配布して、見込みのお客さんにリーチするソフトタッチツールとしてつかいます。

・地域での、メンタルヘルス相談会(自助グループとは異なり、私がいくので、有料にします)を復活させて定期的におこないます。ACグループミーティング。

開業のマーケティングのご参考にしていただければ嬉しく思います。
posted by ikuaka at 16:34| カウンセラーのマーケティング
カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter