2016年05月27日

臨床で使えるナラティブセラピー 6月5日(日)10時〜15時30分 茅ヶ崎勤労市民会館 主催:健康生活リハビリ研究会

IMG_3281.jpg

健康生活リハビリ研究会さんの勉強会をさせていただくことになりました。
援助職の方、ナラティブ・アプローチにご興味の在る方などにご参加いただけると幸いです。

健康生活リハビリ研究会さんのサイトより〜
「健康生活リハビリ研究会設立の主旨
◇主に作業療法士を対象とした研究会として、2014年の4月に設立。「患者(利用者)を健康な方向へと導く生活を提案することを目的(生活のマネジメント等)」にしたアプローチを考えていきます。基礎編として「健康生活リハビリシリーズ」を提案していきます。そして、できれば、OT、PT、ST、ドクター、看護師・介護士などの患者(利用者)に対する共通認識ができることも目的にしています。

患者が話す物語を重視するアプローチ「ナラティブセラピー」。そもそも当事者の語りを重視するとはどういうことなのか?それを臨床の場に治療(私の認識では多くのOTはナラティブを評価としか使っていないように感じます)として用いるにはどうしたらいいか? 

様々な難しいクライアント(患者)を前にカウンセリングなどの場でナラティブセラピーなどを用いる臨床心理士の明石郁生先生に、ナラティブアプローチの核(エッセンス)と、その治療の一部をグループワークなどを通して講習していただきます。第一線で活躍される臨床心理士の先生がOT・PTに対し開催する勉強会はあまりないと思いますので是非ご参加下さい。」

■2016年6月5日(日)10時〜15時30分(受付開始9時30分〜)

■場所:神奈川県茅ヶ崎市新栄町13−32 TEL:0467−88−1331 茅ヶ崎市勤労市民会館(4階和室(移動しやすいように畳です)):東海道線茅ヶ崎駅北口下車・徒歩10分(国道1号線沿い・農協ビルの隣り)
地図http://www.chigasaki-kinro.jp

周辺の駐車場にはサイゼリア(200円/時)があります。

■参加費 8,000円(事前振込:すみませんが振込された参加費は原則・返金できません)
■対象 OT,PT、看護師、ケースワーカーなどコメディカル(病院(身障系・精神系)、老健、通所、訪問など)
■参加者数:20数名(人数が少ないので、早めに申し込んで下さい)

詳細、お申し込みはこちら、健康生活リハビリ研究会さんサイト

カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter