2018年09月04日

私たちは、もともと家族から(元家族)から得ていたものを,会社,同僚にもとめる傾向にあります。

自分を知ること。と簡単に言っていますが、自分を知ることは、ときに、とても苦しみをともなうものです。
ユングの言う、コンプレックス → は、劣等感というよりも、心にひっかかっていることがら、固着していることがらと言えます。
それらに、触れるとき、(たいていは対人関係です)、怒りや悲しみなどの感情の強い反応が起こります。
例えば、結婚はお互いの自己を明らかにしていきます。双方あるいはどちらかが、子ども時代の必要が満たされていないことを相手に求めているとすれば、これらの期待が衝突するのも無理もないですね。
私たちは、もともと家族から(元家族)から得ていたものを,会社,同僚にもとめる傾向にあります。とりわけパートナーには,おおくのお気持ちもとめてしまうのもむりもありません。
夫婦の問題は,愛情・養育関係,自尊心,承認など,原家族が自分に与えてくれなかったものを「仕事」・「夫、妻」に必要以上にもとめようとするときに起こります。#AC #カウンセリング
http://ikuoakashi.jp/
posted by ikuaka at 17:42| ACカウンセリング
カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter