2018年10月20日

ACのための認知行動療法セルフワーク、自動思考にチャレンジ

■自動思考:私たちの気分や行動は自動思考に左右されることが多いものです。辛い体験しているときなどはものごとを現実以上に悲観的に考えてしまいます。不安、危険に対して過度に敏感になっています。

■気分と自動思考:気分と考えを区別してみましょう。
 ・一般的に、気分はひとつの言葉で表現できるもの
 ・考えは、文章になって浮かんでくるという違いがあります。

■自動思考にチャレンジ!セルフワーク        
・自動思考は、ひとつの可能性だし、推測。
・自動思考の根拠(あくまでの事実を書き出す。相手を読むような勝手な思い込みを避ける)
・自動思考が成り立たない根拠にチェレンジ。
 *自動思考が100%正しいわけではないという証拠について、すべて書き出してみる!

 *自動思考、信念は変えられる、あえて反証してみるキーワード:
1,他の人が同じような考え方をしていたら、あなたはどのように言ってあげますか?
2、あなたがそのように考えていることを、あなたの親しい人が知ったら、その人達はどのように言うでしょう?
3,5年後、10年後同じ体験をしたとすれば、どのように考えるでしょうか?
4,これまで同じような体験をしたことがありませんか? もしあったとすれば、それはどのような結果になったでしょう? その時の体験で、いま応用可能なものはないでしょうか?
<参考資料> 大野裕 2003 うつと不安の認知療法自習帳 創元社

http://ikuoakashi.jp/accounseling/
posted by ikuaka at 18:36| ACカウンセリング
カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter