2018年10月25日

経営者にとって悩み葛藤、トラブルとは、ほんとうの自分に出会うための「プロセス」

経営者カウンセリングとは,対話により経営者の中にすでにある力をひきだすことが
狙いです。カウンセリングというと困っている人がいくというイメージを持たれ、日本の経営者にはなじみがないかもしれませんが、欧米の経営者は専門家のケアを受けていることが、相手の信頼を生むものです。最新のカウンセリング理論,マーケティング技術などを使いながら経営者であるあなたの中に既にある力を引き出していきます。

経営者にとって悩み葛藤、トラブルとは、ほんとうの自分に出会うための「プロセス」ととらえます。ゆえに、ほんとうの自分に出会わない限り、その過ちに気づくために、いろいろな困難などが起こります、。したがって、事業で直面する困難とは、「あなた自身の力」を見つけるためのシグナルと言えるのです。

例えば、いま、起こっている問題の意味を読みといて今後の進む道を探索したり、将来起こる問題に事前に
対抗することの機会をつくります。

経営者カウンセリングでは、人間関係のトラブル、身体症状、悩み、痛み、夢などからひもといてゆきます。事業の困難や障害を経営者へのギフトに転ずる機会を開くものです。「ああ、そうだったのか!」ときっと新しい自身の力の発見の時間となるでしょう。
http://ikuoakashi.jp/presidentcounseling/
【経営者カウンセリングの最新記事】
posted by ikuaka at 18:15| 経営者カウンセリング
カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter