2015年07月22日

自分が家族から受けた影響について

心理学的家系図(ジェノグラム)をつかって考察を深めると良いとおもいます。

自分の家族システムをより正しく理解するためには,家族の様子を心の中でイメージしてみることが役に立つことが多いです。できる範囲でいいので,覚えている限りの家族メンバーの名前を書き出してみてください。

多くの人たちはこの課題をやると,自分があまりにも家族の歴史について知らないことが多いと気づきます。もし名前をかけない人がおおぜいいるのなら,自分の歴史に欠落部分があるかもしれないことを率直に認めることが大切です。


<引用文献>
クラウディア・ブラック(2004)斎藤学 監訳 私は親のようにならない「改訂版」−嗜癖問題とその子どもたちへの影響 誠信書房


その欠落の多さは,あなたに何を意味しているのでしょうか?
どんなことを暗示しているのでしょうか?

自分ひとりで課題に取り組むのが難しいと感じたなら,他の人や,カウンセラーに手伝ってもらいましょう。

あなたにとって大切な時間になるでしょう。

アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙の購読申し込みはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41665641
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter