2011年02月21日

茅ケ崎 AC援助グループ 2月

今年最初の1月25日の援助グループでは,参加者のみなさんのシェアリングと,アディクション(依存症状)について話し合いました。安全な場で言葉にすることはとても大切なことであるとあらためて思いました。

無意識にスリカエかえている不安などの充足としてアディクションはとらえられますが,一方ではある種の効用もあるわけです。アディクションの意味を読み解くことが,大切です。


2月は22日に行います。アダルト・チルドレンの自覚や,お悩みの内容などに制限はとくに設けておりませんのでメンタルについて安全にシェアリングする場として安心してご参加していただければとおもいます。ご参加をお待ちしております。


日時:2011年2月22日(火) 18時30分〜20時30分

会場:茅ヶ崎市勤労市民会館 B会議室
http://www.chigasaki-kinro.jp/

費用:相談料無料,参加費自由献金制お一人さま¥500円〜
(配布資料作成代,会場費用として)

運営は自由献金制とさせていただいております。強制ではありません。実費費用として:お一人さま¥500円〜(配布資料作成代,会場費用等)の献金のご理解をいただけると助かります。

お申し込み方法:参加事前予約をお願いいたします。
メール予約フォーム
またはお電話にて
「家族とAC」カウンセリング
TEL&FAX0467−82−8277 10時〜18時 土曜日12時迄
(カウンセリング中は留守電になっています。日祝お休み)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43015378
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter