2014年01月09日

ミニミニひとりビジョンクエスト瞑想

年末と年始のお休みに、ミニミニひとりビジョンクエスト瞑想をした。(笑)

私は、意志の力ですべてをコントロールすることに、とらわれていると気がついた。
そこから、これまでのさまざまな心象が浮かんだ。

私は、虚無感、無力感を感じていた。それらを否認して、猛烈な行動とその達成感で解消しようとしていた。それらはもちろん身体を痛めつけることになり、頭痛や不眠やヘルペスという身体症状サインが起こることに気がついている。

問題は、私が、受け入れ感謝するべきなこうした、大切なレッスンを見えていないということだ。

どうして意志に執着するこか?これまでもずいぶんとりあつかってきたが、たぶん、いまだ、身体に腑に落ちていないのだと思う。めんどくさいやつなのだ!

「意志の力」への過信は、バーンアウトするし、身体症状を引き起こすし、自分自身や家族とつながれない!ゆえに、たぶん、愛を知ることができない。

意志の力への執着を手放すことのひんとはどこにある?  

たぶん、「いま、ここ」のプロセスをしっかりと受け取ることだと思うにいたった。

私はいまいちど、もう少し、自身を愛することを学ぶことにする。

とノートに書いた新年のスタート。

感謝を込めて。





カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter