2016年07月27日

夫婦カウンセリングとは?



人々はもともと家族から(元家族)から得ていたものを,会社,同僚にもとめるようになりました。パートナーにも,もとめてるのかもしれません。

境界線の問題は,愛情・養育関係,自尊心,承認など,親が自分に与えてくれなかったものを「仕事」・「夫、妻」に必要以上にもとめようとするときに起こります。

結婚はお互いの自己を明らかにしていきますが,双方あるいはどちらかが、子ども時代の必要が満たされていないことを相手に求めているとすれば、これらの期待が衝突するのも無理もないですね。

★ 自分の感情を「所有する」夫婦

ご夫婦の親密さを深める鍵のひとつは,それぞれが自分の「感情」について責任をとれるかどうかです。

夫の帰宅が遅いことを,「彼は自分のことがわかっていない・・・」「彼は私に関心がないのでは・・・」のくりかえしでは、ご主人の帰宅が遅いことをどのように評価しているかの問題に終始します。

この延長線上では,妻は夫のふるまいをとがめ,夫がどうあるべきか口うるさく言っても,
夫は自分の行動は正しく,家庭のために働いているのだし,間違っているのは妻のほうだと言うでしょう。

どちらも自分自身の感情を「所有」せず,相手に伝えていないからかもしれません。

「いつも帰宅が遅いと私は悲しいんです・・・」
「・・・私は傷ついているんです。」

と言うことは,自分の感情を受け入れて,相手に感情を伝えることになります。
自分の感情を伝えるときに,親密さと思いやりが育ち始めます。

<引用文献>
境界線(バウンダリーズ)―聖書が語る人間関係の大原則/ヘンリー・クラウド


共依存者とは,「他人の世話焼きに没頭し自分の真の必要(欲望)がわからなくなってしまった人」

*夫との関係に絶望し,子どもの世話焼きに没頭する母親。こどもを生きがいとし,期待で縛りあげる。この縛りから抜け出ようとする子は非行やひきこもりなどの「期待はずれ」を演じる他ない。縛りに甘んじる子は,自分の欲望を知らないロボット人間と化す。(斎藤学 2007)

共依存の人たちは他者からの承認を求めるために多くの時間とエネルギーを費やします。他に対処する方法を知らないからです。共依存の人たちは,外からはうまくやっているように見えますが,内心は自分に対する疑いと,みじめで恨みに満ちた気持ちでいっぱいです。自分は不十分な人間で,自分はよくやった,自分にはすぐれているところがある,十分だということが感じられない自己否定感があります。

<引用文献> Kay Marie Porterfield (1991) Coping with Codependency (ケイ・マリー・ポーターフィールド著 水澤都加佐(監訳)(2006) 共依存かもしれない・・・他人やモノで自分を満たそうとする人たち 大月出版)

幸せな結婚生活を送っている夫婦は,とりわけ頭がよいわけでも,裕福でも,心理学に通じた人たちでもありません。

幸せな夫婦は,日常生活で相手のマイナス面より,プラス面を重視するよう心がけています。
それは,知的感情による結婚生活(emotional intelligence  自分の感情を適切に理解すること)といえるでしょう。

Johon Gottman & Nan Silver. The Seven Principles Making Marriage Work.
(ジョン・M・ゴッドマン ナン・シルバー共著 松浦秀明(訳) (2000). 愛する二人 別れる二人 第三文明社)

夫婦カウンセリングとは、お互いがしてくれないことを非難しあうことではありません。お互いが、いまの、自分自身のニーズを知ることからはじめます。


家族とAC 研究室


2015年09月18日

家族カウンセリング/家族療法



家族療法とは,働きかける対象を「個人」ではなく,家族という「複数の人々が織りなす人間関係」としたもおのです。家族のシステムとはまるでそれ自体が自律性を持ち関係性を維持しようとしていると考えます。

そして,個人のさまざまな問題を「個人の心の問題」とは考えず,「症状行動」と呼びます。
家族の中のひとりに発症した症状は,この家族システムの恒常性の維持,家族を成り立たせるために症状が起きていると見るところからはじめます。

症状行動のある個人に「カウンセリングに行きなさい」といくら言ってもその人は行かないし,無理に行かせても効果はありません。家族のシステムの中にその症状を必要としている「何か」があるのだからそれを「発見」して「そこ」のところを違うものに変えようと言うことになります。


個人カウンセリングと家族合同カウンセリングを複数のセラピストと構造的に行います。依存症,アディクション,ひきこもり等で悩んでいるご家族の変化・回復のお手伝いを致します。

カウンセリングと併行して,地域での援助グループや自助グループへの参加,グループカウンセリングに参加していただきながら,ご家族の関係性の変化を目指します。
ご家族へのサポートや他の援助機関,医療機関と連携した回復ネットワークをご提案します。
-------------------------------------------------------------------------------------

例) 父,母,長男,長女のご家族。

長男のひきこもりへの介入例

父:父親の自助グループへの参加,家族の心理学講座への参加
   
母:カウンセリング,家族の心理学講座への参加,母親の自助グループへの参加 
   
長女:カウンセリング 
   
必要に応じて定期的な合同家族面接

上記ケアを同時併行していきます。
*カウンセリングの回数,合同面接,作業内容を協議の上費用をご提案致します。

このようなご家族へ
★ひきこもり,不登校のお子さまをおもちのご家族
★機能不全家族とアダルト・チルドレンの回復
★ご家族のうつ,回復について学びたい。
★ご家族のアルコール,アディクション(依存症)ついて相談したい。
★ご家族経営の会社を営まれているご家族の回復
-------------------------------------------------------------------------------------

例えば「ひきこもり」はそれ自体が周辺への人々へのメッセージになります。「人」あるいは「人の心」とは単体では存在しえなく,他者との関係性の中でしか捉えようがないと言っても良いでしょう。

例えば,引きこもりが「ある種のコミニケーション」だとすれば,非行や親のアルコールやさまざまな依存症などの問題もコミニケーションで,家族内外の人々への「繰り返されるメッセージ」ではないかと考えられることになります。

アルコール依存者,引きこもり,摂食障害者,種々の嗜癖問題者といった「症状行動をとる弱者」の立場をとることの「効用」について考えなければなりません。そして,症状行動は一定のコミニケーションのメタファー(隠喩,暗喩)と考えられます。

症状行動が「誰の,誰に対する,どのようなコミニケーションのメタファーであるか」を明らかにしてその修正をはかることに家族療法の本質があります。

家族にコミニケーションしている本人を見ることによって,自分が理解されていることを感じ,いままではっきり意識することのなかった「父への反発」「母への怒り」「両親の不和を身を呈してなんとかしたい」を言葉として語れるようになり,それに伴って行動の修正も始まります。

<引用文献>
White, M. & Epston, D. (1990). Narrative Means to Therapeutic Ends. Australia:Dulwich Centre Publications:
(マイケル・ホワイト,デビット・エプストン共著 小森康永(訳) (1992). 物語としての家族 金剛出版)
斎藤学(2008)「家族神話」があなたをしばる 元気になるための家族療法 日本放送出版協会
Morgan, A. (2000). What is narrative therapy ? An easy-to-introduction. Australia:Dulwich Centre Publications. (アリスモーガン 小森康永・上田牧子 (訳)(2003).ナラティヴ・セラピーって何? 金剛出版)
-------------------------------------------------------------------------------------
お電話でのご予約・お問い合わせ:0467−82−8277 
電話受付時間 火曜日〜土曜日9:30〜18:00(土曜日 12:00まで)
(カウンセリング中は留守電になっています)

-------------------------------------------------------------------------------------
家族とAC 研究室 



カウンセラー/臨床心理士 明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp アダルト・チルドレンという生きる力ー自分の専門家になるー手紙http://www.reservestock.jp/subscribe/30803