2018年10月09日

悩み、生き辛さ、症状、病気をワークする。パーソナリティの変容へ

大きな台風とともに波が続きました。

カウンセリングというと、自分のつらい部分を治さなくてはいけないと思わている方もいると思います。
そういうアプローチが必要なときもあると思いますが、

私の研究実践しているカウンセリング、ワークの本質は、悩み、生き辛さ、症状、病気などを、心身が変化しようとしている時に、発せられるシグナルと捉えて、その意味や、流れをクライアントさんとともにプロセスしていくというものです。 

  症状は「快楽」です。症状がなくなってしまったあなたの人生を考えてみましょう。

  朝から晩まで仕事して、買い物して帰宅する。

それはそれで、いいかもしれませんが、そんなあなたは、自分に満足できますか? (参考:斎藤学、PIAS逆説的アプローチ)

私は自分の長年の症状である、不眠症とずっと取り組んで、ワークしています。おかげで、仕事を抱え込んだり、できない仕事を引き受けたりして倒れたりする状態から逃れられています。当初は、なまけているのでは? 付き合いの悪い男、冷たいやつになってしまったのか?

と思うこともあったかもしれませんが、もう、すっかり忘れました。(T_T)

サラリーマン時代を知る友人からは、たぶん、人格がかわった人のように映るかもしれません。

学生のころは、わいわいとさわいだり、たくさんの仲間といっしょにいたくて、山小屋で働きました

いまでは、一人を楽しむことがおおいです。

散歩もサーフィンもだいたいひとりで、海上がりは赤ワイン飲んでジャズ聞いています。

不眠症という症状は、私をそういう人になることを求めたようです。それはとても心地よいものです。すくなくとも私らしい。

このごろは、眠れない夜は、夢や妄想にひたって楽しめます。

自然が変化するように、私たちも時間軸に変化を求められます。細胞は肉体の死という限界設定にむかっているのですから。
自身の症状、無意識、病気、夢などは、私たちを変化の入り口につれていってくれます。

ACの自覚とは、そういう意味で、あなたの力なのです。

読んでいただいてありがとうございます。

本情報がお役に立つ方をご存知な方は、転送、ご案内、シェアをしていただけますと幸いに思います。どうぞよろしくおねがいいたします。

内容が良ければこのメルマガをご紹介お願いいたします
https://resast.jp/subscribe/30803



ACグループカウンセリング -ACという生きる力・あなたの悩みは才能に変わる- @麻布十番 10月28日(日)10時〜12時30分
http://ikuoakashi.jp/ac-groupcounseling/

今回は、悩み、生きづらさに敬意を持ってそのプロセスを探求するミニプロセスワークをしてみようと思います。

統合的なカウンセリングを学ぶ PIAS実践講座:プレ講座 10月28日(土)@麻布十番IFF 5名
http://ikuoakashi.jp/pias/
今回は事例検討を通して、「カウンセラーの関心とクライアントさんの変化」についてお話をしていきたいと思います。

11/17ACグループワーク @ 鎌倉11月17日(土)
http://ikuoakashi.jp/acgroupworkkamakura/

心理学やセラピーについて学ぶことではなく、自分自身を学ぶことにあります。私たちは、つらい状況を、生き延びるために思考に頼りすぎたり、行動したりしているかもしれません。「頭でわかっているのにやめられない、苦しみから抜け出せない」などのお悩みに体験的なワークを実践します。

ご予約はこちらからお願い致します。*日曜日の個人セッションの枠ができました!ご利用ください!
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/6429


明石郁生 
カウンセラー/臨床心理士
家族とAC研究室
http://www.ikuoakashi.jp

posted by ikuaka at 18:27| パーソナリティの変容

2018年10月02日

パーソナリティの変容

気づき。身体が信じられないほど疲れているのを感じる。
散歩、ビーチで名前を知らない、知人、サーファーに会い、おはよーございますと交わす気持ちに救われる。
これまでの私の生き方とは、さみしさ、ひま、を興奮すること、興奮するアイディアで上書きしてきたと気がついている。
それは身体を疲弊させるが、その感覚はずっと麻痺していて、感じることが難しかった。
身体の付随的なしくみを混乱させる。自律する神経を混乱させている。

身体は最初は、疲れ、そして症状、病気という声をあげる。
さみしさ、孤独を十分に味わうときなのだと気づく。

長距離ランナーのように、自分のペースをつくり、ルーティンを行う
古いコンテンツを捨てて、あるいは壊して、
新しいコンテンツを創り、設置する、季節なのだと気づく。

エッジを超える、さみしさ、孤独を私自身が味わうことはとても大切である。

http://ikuoakashi.jp/2127
posted by ikuaka at 10:36| パーソナリティの変容

2018年09月27日

ボーダーライン構造に、とりくんだ。9年間

週末の小さな学会に向けて、演題発表のスライドをまとめています。9年間の臨床を振り返り、あらためてボーダーライン構造について、真っ向から臨床的なチャンレンジをしたなと思いにふけて、休憩中(^^)。どうして、カウンセラーになったのか?この道を選ぶのか、と問いながらノートを書いています。私は、これまで誰よりも苦闘してきた体験を、「つかう」ことを選んでみました。いや、それしか、私にはなかったのです。感謝をこめて。
http://ikuoakashi.jp/2099
posted by ikuaka at 14:47| パーソナリティの変容

2018年09月17日

エッジを超えるとき、またはもう既に超えている時に、強烈な違和感に襲われます。

エッジを超えるとき、またはもう既に超えている時に、強烈な違和感に襲われます。対象に強く依存していればなおさら。例えば、ワーカホリックからの変化は、いたたまれなく、落ち着かない気分になります。そういう時にカウンセラーを利用するのです。#ワーカホリック
posted by ikuaka at 09:40| パーソナリティの変容

2018年06月06日

「頭でわかっていても、やめられない!」

「頭でわかっていても、やめられない!」自分から苦労してしまう、トラブルに向かってしまう、もしくは、何もせずに引きこもってしまう。

そうしてしまうには、必然性がある。という視点からワークをすすめます。

そうしてしまうには、メリットがあるからですね。


ACの自覚にあるなしにかかわらず、わたしたちは、逆境の中を生き延びてきました。その中で、生き延びる力を培いました。

その戦争がおわった、いま、その力を持て余してしまいます。


その力はもう必要がないと頭ではわかっていても、手放すことは難しいのです。

だって、その力で、ぎりぎり生きてきたのですから。


 手放さないことにメリットがあります。


例えば、「自分の人生を楽しまないで死ぬことができる」こと。

 そこにあるのに、受け取らないで、無意識の領域に投げ込んでしまうことを、→ 防衛機構のひとつ「否認」といいます。


 例えば、「楽しむと、大嫌いな普通の人々になってしまう」からということもあるでしょう。


それには、耐えられないのです。必死に生き延びてきたのだから。


あるケースで夢ワークでとりあつかった、大嫌いな普通の人々とは、


・自分に向き合わないで、

・快楽に享じて、お金を使い、無責任に家族をつくり、文句を言い、自身の内省はしない。

・時間通りに働いて、文句を言って、ボーナスをもらって、土日休んでサーフィンをして

・困ったときだけ、助けを求めて、助けられるのが当然のような顔をして、

・仕事がうまくいかなくなると、人や社会のせいにして、

・楽に生きている人、楽な運命を生きている人


などなどでした。自身の大嫌いな人、自身の否認、ダブルシグナルからワークすることは

自身を統一意識、統合にむかう機会となります。



  明石郁生









☆ワークのお申し込みはこちらからどうぞ


マーケティング研究会、統合的グループワーク研究会、@鎌倉 体験参加を歓迎しております。
  http://ikuoakashi.jp/1870

 カウンセラーさん、自己探求にご関心のある方、
統合的なゲシュタルト・セラピー、プロセスワークにご興味にあるかたなど
どなたでも!




ACグループカウンセリング  半日版 東京麻布十番 7月7日(土)10時〜13時

http://ikuoakashi.jp/1861

はじめてのかたなど、どなたでも。



カウンセラーのためのPIAS研究講座:プレ講座その1 6月23日土曜日14時〜16時30分 麻布十番 IFF 4名まで

 http://ikuoakashi.jp/1886

PIAS(逆説的アプローチ)とは精神科医斎藤学による臨床実践体系です。

開業セラピスト明石郁生が解釈実践しているPIASセラピー背景にある理論基盤をロールプレイ、ケース検討などを通して、PIASの本質を共に学ぶ継続的な機会としていきたいと思っております。





7/15ACグループワーク・ドリームボディ @ 鎌倉芸術館7月15日(日)

 ⇒ http://ikuoakashi.jp/1963

グループワークがはじめての方や、体験的に参加されたい方を歓迎しています。



8/24統合的グループワーク3DAYS with G研+キャンプファイヤー @越後湯沢 8月24、25、26日

 ⇒ http://ikuoakashi.jp/1927

温泉にはいって、美味しいごはんをたべて、ゆっくりのんびりワークします。





お問い合わせフォーム
⇒ https://resast.jp/inquiry/7410/dummycode


☆カウンセリングご予約はこちらからご希望の日程をお選びください。
⇒ https://resast.jp/page/reserve_form/6429/dummycode



posted by ikuaka at 17:25| パーソナリティの変容
カウンセラー/臨床心理士  明石郁生 家族とAC研究室 http://www.ikuoakashi.jp
ACという生きる力ー自分の専門家になるー無料 News Letter
カウンセラーのためのマーケティング実践 無料 News Letter